インクジェットプリント

インクジェットプリントの特徴

    製版の不要なデジタルプリント機でしたら、色数に制限のないプリントや小口ロットでの
     対応が可能です。
      また、スクリーンプリントでは表現しきれない複雑な柄やディテールにこだわったプリント
     ができることが最大の特徴です。
     反応染料インクでのプリントも行っていますので、顔料に比べて発色や摩擦、堅牢度
     に優れています。

生産までの流れ

   1 データ作成      インクジェットプリントではお客様がIllustratorやPhotoshop
                   で作って頂いたデータがそのままダイレクトに出力されます。
                  (基本的にデジタルデータでの入稿をお願いしております)
                   当然、絵柄でもパネルでもどちらでもプリントは可能です。
                   用途、目的に合わせてデータを作成してください。

    2 生地の選定     インクジェットのプリント生地は、通常のスクリーンプリントの
                   生地(P下生地)に特殊な前処理を施してあります。通常は
                   5種類の生地を在庫として用意してありますので、その中から
                   お選びください。
                   それ以外の生地でのプリントは別枠扱いになります。別途
                   お時間と費用がかかりますのでご相談ください。
                   取扱生地:180本ブロード、オックス、カツラギ、79A、
                          11号帆布
                   (全て112p幅、プリント有効108cm)

    3 試作         データを入稿して頂いて、生地も決定しましたら本生産の前
                   に必ず試作を行います。インクジェットプリンターはデータからの
                   ダイレクト出力のため、色の微調整が難しい場合があります。
                   ラミネートを含めた試作も可能です。
                   納期 約2〜3週間

    4 本番          校正後の本番は、時期やロットにもよりますが約2〜4週間
                   かかります。生産予定が決まっているお客様はお早めにご相
                   談下さい。

  • インクジェットプリントl機
  •  加工基材   綿
  •  加工サイズ  生地幅 90cm〜150cm
  •  加工内容   反応性染料インク出力








Copyright(C) 2005-2007 Suzuki Industrial Arts Co., Ltd. All Rights Reserved.